スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ワイヤレスのキーボードを買いました

 iPhone4を持つようになってから、ずっと懸案事項だった「バリバリ文字入力がしたい」という望みと、「文字入力が面倒」という悩みの両方を一気に解決すべく、ワイヤレスのキーボードを買いました。

 購入したのは、Bluetoothキーボードです。アップルの、MC184LL/Aというもの。US版を購入。

キーボード1
 なんといいますか、箱、格好いいですね。

 キーボード3
キーボード2
 薄いですね。

 キーボード4
 キーボードの配列は、日本語JISと少し違います(後述)。

キーボード5
 電池は、この丸いところをコインか何かで一生懸命回して入れます。単3形2本です。

キーボード6
 使用イメージとしてはこんなの。iPhoneでガシガシ入力したいときに、スタンド(サンワサプライ製のPDA-STN2BK)を使って、キーボードで打ち込みます。このスタンドも、結構使い勝手が良いのです。


 今回は、US版を購入しました。US版と日本語JISと違うところは、記号の位置。例えば、通常だと、半角/全角となっている「1」の隣のキーは、「~」になっています。ローマ字うちしたいときは、command+スペースキーとなります。
 アルファベットの位置は変わりないので、特に違和感なく使えます。記号としては、数字キーに割り当てられている記号がかなり違っています。また、カッコやコロン、セミコロンの位置など、かなりずれています。

 最初、US版と気がつかずに注文してしまい、かなり後悔したのですが、使ってみると、US版で良かった~と思う事が。
 iPhoneで文字入力をするとき、記号の認識は、US版の配列で入力するみたいです。つまり、日本語JISのキーボードで記号を入力しようとすると、ずれる可能性があるみたいです。
 現実に、私は、US版のキーボードで「( )」を入力したところ、日本語JISではあり得ない、「shift+9」と「shift+0」で入力しました。どうやら、素直に使えるのはUS版の方みたいです。


 アップルのキーボードは十数年ぶりに見ますので(友人に使用している人も少なかったし、触る機会も殆どなかった)、かなり抵抗がありますが、…使っているうちになれていくでしょう。そういうもんでしょうから。

 ちなみに、このキーボードで、iPhoneの照度や音量、iPodの操作ができました。うれしいのかうれしくないのかよくわからない、うれしさです。
.21 2010 iPhone comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://murasakikurage.blog16.fc2.com/tb.php/130-0f201d81

時代親父雲山時計

カウンタ

前のブログ約60000+

twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ふよふよ


名前:ふよふよ


のんびりだらだらぐだぐだ

ついったはこちら

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。